日本の温泉:温泉入浴の伝統

日本人は何世紀にもわたって地熱水での入浴を楽しんでおり、体と心への有益な効果を高く評価しています。 ここでは、温泉に対する日本人の態度を詳しく見て、地熱浴の若返りと美容の特性についても話します。

日本は豊富な地熱源(温泉)で世界的に有名です。 全国に27,000の温泉があり、1分間に約260万リットルの総容量があります。 同時に、温度が42°Cを超えるばねの数は、総数の47%に達します。 3,085の温泉ホテルの多くは、火山活動が活発な地域にあるため、追加の熱源は必要ありません。 台風、降雪、季節雨(つゆ)の大雨により、泉の水資源は完全に補給されています。

温泉は広く利用されてきたため、日本国民は古くから温泉の独特の文化を築き上げてきました。

これは、現在の島根県の領土にある玉造温泉の源について、733年に作成された歴史的記念碑である出雲地方の歴史的地理的記述(出雲の国の風土記)に書かれているものです。

「川岸のこの村には温泉があります。 絵のように美しい場所、海と海岸の両方。 老若男女、道を歩く人、海岸を通る人が、市場のように人でにぎわい、ごちそうを楽しんでいます。 一度入浴すると見た目が美しくなり、何回入浴しても1万病も治ります。 古代から現在に至るまで、誰もが例外なく癒されたため、人々はこの場所を「神々の源」と呼んでいます。

これらの行から、温泉が日本人にとって何を意味していたのか、そしてなぜ古代に温泉がとても好きだったのかが明らかです。 「一度入浴すると見た目が美しくなり、何回入浴しても万病が治る」1300年前に書かれたこの言葉は、化粧品や医薬品がなかった当時の温泉の本質とその意味を伝えています …

古来より日本では入浴が心身を清めると信じられてきました。 日本の宗教、神道には、みそぎ、お清めの習慣があります。 皇居で重要な儀式が行われた日、貴族たちは朝早く起きて、家を出る前に風呂に入って心身を清めました。 この習慣は人々の間にも広まり、ゲスイという名前が付けられました。 浴槽から注ぐとき、汗や汚れを体から洗い流すだけでなく、リラックスして魂を浄化します。

8世紀半ば頃に、他の多くの仏教の書物とともに、雲母経が本土から日本に持ち込まれました。これは、清め​​の間に得られた利点(日本の独徳、中国の素朴さ)を説明しています。 もともとは、みそぎの入浴の儀式は、海や川や滝の冷たい水で心身を清めることでしたが、それに比べると、温水や温泉での入浴は、はるかに楽しいものです。 「入浴することでメリットが得られます。 あなたは7つの病気を治し、7つの利益を得ることができます」と経典は言います、そして、これらの言葉がどんな熱意で受け取られたか想像するのは簡単です。

おそらく、風呂、温泉、清潔に対する日本人の愛は、Unmitsukyoで概説されているように、味噌神道と入浴に関する仏教の教えの混合によるものです。 これが、汚れを体から洗い流すだけでなく、魂を浄化する「入浴文化」の原点だと思います。

温泉治療といえば、一週間一休みといえば、「一週間ひとめぐり」という言葉をよく耳にします。 そのような規範は、400-500年前の古代に確立されました。

地熱浴の主な効果は刺激です。 さまざまなミネラルやその他の物質が体内に浸透し、ホルモン分泌を刺激します。 温泉療法は交感神経系を活性化させ、血圧を上げ、心拍数を上げ、血糖値を上げます。 これのおかげで、副交感神経系が制御を引き継ぎ、圧力が低下し、脈拍が少なくなり、砂糖が低下します。 したがって、神経系の2つの部分が交互に体を制御し、最終的に安定した状態になり、再生することができます。

ほとんどの人は一週間入浴すると治癒効果を感じるでしょう。 昔、人々はこれについて科学的研究の過程ではなく、自分自身の経験や他人の物語から学びました。 江戸幕府成立直後の1604年、徳川家康自身が熱海温泉(静岡県)に1週間旅行したが、当時は珍しくなかった。

メディックは江戸時代(1603-1868)に温泉を治療薬として勧め始めました。 温泉療法の起源は、約200人の学生を擁する伝統医学の巨匠である後藤昆山(1659-1733)でした。 有効性が検証できなかった漢方薬の危機を察知した金山は、薬の有効性を確認する方法を模索し始め、日本における現代科学医学への道の重大な変化の始まりを示した。

近山は一気流の理論を提案しました。これは、気(中国気)の生命エネルギーが体内を自由に流れることができないために病気が発生するというものです。 ここで、気は元気(元気)と同じです。元気は健康を表し、現代医学が自律神経系と呼ぶものを指します。 昆山は、多くの病気はエネルギーの妨げを取り除くことで治療できると信じており、温浴を勧めました。 本当に熱いお風呂は交感神経系を刺激し、健康で元気になるのに役立ちます。

当時、名山は有馬温泉ではなく、温泉が一番良かったのが金山だ。 山奥にある城崎温泉は、今でも手が届きにくい場所ですが、当時の名セラピストである後藤金山がすぐに有名になり、日本で最も有名な温泉のひとつです。

© Japanese World 日本の世界 Times of U

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *