福島県は再び観光客の準備ができています

福島県は、日本の47都道府県の中で3番目に大きい州であり、太平洋岸から本州北東部の山岳地帯まで150 km以上にわたって広がっています。

東京から新幹線で1時間余りのところにある福島は、壮大な火山の景観、素晴らしい温泉、素晴らしい桜と紅葉のスポット、有名な城下町、上質な酒など、自然の美しさ、歴史的名所、レジャーアクティビティを満喫できます。 、快適なスキーリゾート、日本初のテーマパーク、スパリゾートハワイアンズ。

2011年3月の地震と津波は福島県の沿岸地域を破壊し、福島第一原子力発電所で原子力事故を引き起こし、数万人の住民が避難を余儀なくされた。

原子力発電所周辺の立ち入り禁止区域は、県の面積の3%未満であり、ほとんどの立ち入り禁止区域内でさえ、放射線レベルは、飛行機の乗客が巡航高度で曝されるレベルをはるかに下回っています。 言うまでもなく、福島は観光客が訪れるのに完全に安全です。 特に福島県西部の広い地域は、歴史的な街、会津若松周辺の山岳内部をはじめ、多くの汚染を免れた。 また、県の東部のほとんどの地域でさえ、自然崩壊と除染の取り組みにより、放射線レベルは2011年以前のレベルにまで減少しています。

東北地方を襲った大地震と津波による福島原子力発電所のメルトダウンから8年が経過しました。福島に向かっていることを発表した場合、最も懸念されるのは放射線への懸念です。
たぶんそれが、汚染された避難区域が現在福島県の2.8%しか占めていないにもかかわらず、2018年に外国人観光客が12万人だけ宿泊した理由です。
日本で3番目に大きい県ですが、人口は200万人に満たない福島は、ほとんどが田舎で、曲がりくねった山道、森林、急流の川、滝、湿地帯、高原があります。

東北新幹線、福島空港、日本の高速道路システムで簡単にアクセスできます。

日本人の間で、福島は紅葉の変化、大雪、武士の精神、桃や柿の木を体現する会津若松の史跡、他では見られない郷土料理、130を超える温泉リゾート、60以上の日本酒で有名です 醸造所。

福島には、歴史的な武士の遺跡、温泉地、酒蔵があります。

全国一のサッカー練習場Jビレッジで、東京2020オリンピック聖火リレーの開幕に県が選ばれた。 Jヴィレッジは核溶解からわずか12.4マイルの場所にありますが、高地により津波から救われたため、災害に対処する1,000人の活動拠点となり、現在は復興の象徴と見なされています。 そこから、トーチは2011年以来着実に回復している海岸沿いの町を北に進みます。これには、日本最南端のハイキングコースである相馬、4つの県を通過し、治癒と 海外からの訪問者を引き付けます。

内陸部に入ると、リレーは県庁所在地であり、温泉で有名な福島市などの町を通過します。

東京から最速の新幹線でわずか92分、飯坂温泉エリアにあり、9つの公衆浴場で気晴らしを楽しむことができます。中村屋のような旅館(日本旅館)を体験できます。 ロビーの暖炉のある暖炉から、かつてサムライが使用していた部屋まで、建築の細部にまでこだわっています。

飯坂温泉には9つの銭湯と旅館がたくさんあります。

福島全体で、京都などのより多くの観光都市で支払う金額よりも最大20%低くなっています。

福島市の南には城下町二本松があり、日本では他に比べて酒造りに時間を割いていることで大七酒造が際立っています。

1752年に創設され、10代目のオーナーである太田英治氏の指揮の下、大七は、1700年頃に開発された、時間のかかる伝統的な木本法のみを使用して酒を醸造しましたが、今ではほとんどがより迅速な近代的慣行に優先しています。 また、高品質の味を保証する革新的なスーパーフラット精米技術を開発しました。 その結果、酸化に強く、時間がたつにつれて成長して成熟する日本酒ができ、ワインに匹敵します。

敦賀城には歴史博物館があり、敷地内には伝統的な庭園と茶室があります。

福島県で最も有名な城下町は会津若松で、サムライ市と呼ばれ、県の最西端にある会津にあります。

250年以上日本を統治していた徳川幕府が打倒され、天皇が政権を取り戻すと、将軍に忠実な武士と帝国軍との間に武進戦争が勃発した。

強大な会津藩が最後の武士の戦いで負けたのは、ここ鶴ヶ城でした。 女性の武士や白虎隊(白虎隊)など、数千人が亡くなり、敦賀城を炎に包み込み自殺したと見られる武士の青年部隊。

現在、敦賀城には歴史博物館があり、敷地内には伝統的な庭園、茶屋、1,000本の桜があります。

近くには会津藩主家臣・西郷たのもが暮らす会津武家屋敷が、家族、使用人、兵士たちと暮らしていた。 復元された38室の大邸宅は壮大なライフスタイルを示しています。西郷の妻が3人の末っ子を殺し、10代の娘たち、姉妹、その他の家族と一緒に自殺したとき、坊主戦争の最後の数時間で悲劇的に終わりました。 西郷は戦いで、70代に住んでいた。

会津若松は、酒造、温泉、コズユなどの郷土料理、根菜、帆立貝、きのこなどの食品を使った結婚式などの特別な行事でも有名です。

わっぱめしはごはんなどの材料を丸杉の蒸し器で蒸し煮したシンプルな料理で、ソースかつ丼は濃厚なソースをのせたポークカツをご飯とキャベツにのせたものです。

ラーメンは昔から人気があり、近くの喜多方ではラーメン店だけでも120店舗あり、朝食にも人気です。

会津若松市の南は、福島県で最も人気のある目的地である大内宿です。 かつて会津と日光をつなぐ会津西街道沿いの主要な停留所だった旧宿場町。 そのような道路は、米を輸送するためと、江戸(現代の東京)で隔年で過ごすことを法律で義務付けられていた藩主のためのものでした。

驚くべきことに、江戸時代(1603年-1867年)に建てられた48の茅葺きの建物が残っており、古い道路の両側に並んでいて、そば、土産物店、そして少数の民宿(日本のベッドに相当)を提供しています。 -そして朝食)。

会津若松の西側には、只見川沿いにある温泉郷・柳津があります。 3400人の人々と7つの旅館があり、毎年いくつかの裸の祭りの1つが開催される町の上の岩山に建てられた寺院である福建国造坊薩円寺で有名です。

福島県の地理と気候のおかげで、果樹園がたくさんあります。 さまざまな果物には、桃、梨、ブドウ、リンゴ、チェリーなどが含まれます。 果物の種類は豊富で、ほぼ毎月、さまざまな果物が収穫されています。

果樹園が両側に14キロ以上続く「フルーツライン」と呼ばれる道路さえあります。 この道に沿って、多くの果樹園が「フルーツハンティング」を提供しています。そこでは、熟したフルーツと熟していないフルーツを区別する方法を学び、歩き回って自分のフルーツを収穫することができます。

福島県産の果物をふんだんに使ったお菓子、ペストリー、ケーキ。

福島県の山からの真水は日本酒の拠点として最適で、居酒屋やバーで地元産の日本酒がたくさん見つかるはず! 福島市からは、2010年から2017年まで日本酒大賞で毎年金賞を受賞した醸造所・錦水所があり、芳醇な香りとさわやかな味わいが特徴です。

でも、地酒がたくさんあるので、どれを試したらいいかわからないので、バーテンダーに相談しておすすめを見てみましょう!

わっぱは、実際にこの料理が出される木製のボウルを指します。 丸い箱は弁当として使われていましたが、檜枝岐村では600年以上木こりが使われており、伝統的なルーツが根強く残っています。 お弁当にはいつもご飯と山菜などの季節の食材が入っています。 4分の3の炊き込みご飯をトッピングと一緒に箱に入れ、蒸して炊き上げるので、トッピングの味がご飯に少し浸透します

箸が使いにくいと思うなら、箸の代わりにネギの茎を使うので、この料理はスキップしたいかもしれません! ネギの茎にスープの入った熱々のそばがすくわれ、完成したら珍しい道具を食べることもできます。 会津でしか味わえない日本人ならではの珍しい一品ですので、ぜひ足を運んでみてくださいね!

喜多方町のこのラーメン丼は、にぼしいわし、とんこつ豚、鶏肉を醤油と簡単なトッピングで混ぜ合わせた、たくさんのスープの調味料です。 ラーメンのもう一つの焦点は、やや柔らかく調理された太くて太い麺です。 札幌スタイル、博多スタイルと並んで、日本三大ラーメンのひとつ。

© Japanese World 日本の世界 Times of U

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *